葬儀の準備 ~服装について~

###Site Name###

葬儀までに準備しないといけない物として服があげられます。


「葬儀には喪服」と認識している人は多いと思いますが、喪服にも種類(ランク)があることをご存知でしょうか。

喪服には正式と略式があります。



葬儀の際に喪主が準備しないといけないのは正式です。
そして参列者は略式を準備します。


それは、参列者が喪主よりも高いランクの服装をしないという礼儀から来ています。
正式の喪服とは、男女共に洋装と和装があります。

洋装は男性はモーニングに黒ネクタイ、グレー縦縞のズボン、黒靴下に黒の革靴で、女性は黒の長袖ワンピーススーツまたはツーピースに黒ストッキング、黒靴です。


和装は男性は黒の染め抜き五つ紋の着物、羽織・袴、黒または白の足袋に鼻緒が黒または白の草履で、女性は黒無地の染め抜き五つ紋の着物、黒の帯に白の足袋、黒の草履です。

略式の喪服はいわゆるブラックフォーマルと言われるもので、男性はブラックスーツに黒ネクタイ、黒靴下に黒革靴。女性は黒のスーツまたはワンピーススーツに黒ストッキング、黒の靴に黒の鞄です。

評価の高い葬儀の準備ついてはこちらのサイトでご確認ください。

男性も女性も金具のついた鞄や靴は避け、時計も金以外の華美でないものを装着します。

様々なnanapiに関するお役立ち情報コーナーです。

アクセサリーは結婚指輪ぐらいで、女性はパールの一連ネックレスのみ可です。
2連ネックレスは「不幸が重なる」と連想させるためマナー違反となります。
また、女性は化粧やネイルは抑え目で、髪も華美にならないようまとめるのが好ましいです。


また、殺生を連想させる毛皮やエナメルはNGです。